かまちょな廚二病患者の独り言(末期)

全て、何もかも起きた通りに書いています。もし詳細が気になったらコメント・連絡ください。追記します。

"普通である"こと

祖父母いわく、'長子である私は家を継ぐ'ことが"普通"であり、それを当たり前とすることもまた"普通である"のだそうだ。

 

…いつの時代の話だろう?

驚くなかれ、世は平成、しかも平成すらも終わろうとしている、そんな現代である。

 

両親いわく、'一人っ子の私は彼らの老後の面倒を見る'ことが"普通である"そうだ。

普通。フツウ。不通。

 

あたしの将来とはなんだろう?

"私は将来、少なくとも彼らが死ぬまでは移動1時間30分以内の場所にいるべき" らしい。

1時間半…山の中だ。実家の立地を考えてものを言って欲しい。

 

"普通である"ことは、確かに、ある程度確定した未来を、"ある程度"の時期までは与えてくれる。

しかし、俺はそれを必要とはしていない。

 

俺は、それが自身の望むものではなかったとしても。

"普通である"べきなのだろうか。

誰かの決めた、"私のレール" 。

それに。従わなければいけないのだろうか。

 

なんて。現実から逃げ出したいだけの。

只の逃避でしかないなんて。

判りきってはいるのだけど。

 

それでも尚、逃げ出したくなるのは。

希望を捨てきれないのは。

 

俺の。只の。甘えでしかない。

 

現実を受け入れる他。路はないのだ。